今昔写語こんじゃくふぉとがたり

児島味野に関する日本の古い写真

昔は川幅も狭かったのですね。子供たちは何を見ているのでしょうか?今は50歳後半から60歳といったところですかね。2018年現在、小田川の河口はすっかり変わってしまいました。minosun
古写真の年代は児島が繊維の町として大変賑わっていた頃でしょうか。1960年代には既に長いアーケードがあったのが空中写真で分かります。随分と賑わっていたようですが、瀬戸大橋の開通に合わせて塩田跡に新しい街ができたこともあって、2017年現在、往時をまったく想像できない通りになっています。minosun
広大な塩田跡に瀬戸大橋の開通とともにJR児島駅ができ、新しい街が誕生して数年が経つとすっかり変わってしまいました。2018年現在、かつてここが長い長いアーケードの商店街で、かなり賑わっていたとは思えないほどです。でも、1998年当時はまだアーケードがあり、いくつかの商店は営業されていました。minosun
古写真の広大な塩田を横目に海まで続いていた川は埋めたてられ、2017年現在道路になっています。川には味野中学校の端艇部だったかボート部だったか、部の端艇が係留されていますね。川が道路になった後、端艇は遠く離れた児島海員学校の端艇と一緒に係留されるようになり、そこまで移動するのが大変だったのではないかと思います。minosun
古写真は1958年(昭和33年)6月に完成した初代の児島ボートビルですね。選手宿舎や事務所として活用されたようです。今写真は1968年(昭和43年)8月に完成したボートビルで、児島のシンボル的な存在ですね。2018現在、ボートビルはガラス張りで中がよく見えますが、残念なことにほとんど倉庫化しているようです。minosun
古写真は1966年11月(昭和41年11月)竣工の大正橋の工事が始まっころではないでしょうか?奥にはそれまでの大正橋(2017年現在もあります)が見えていますね。minosun
古写真の児島文化センターは、1970年に巨大な工場跡に建てられました。それから47年経ちましたが、今も健在です。minosun
古写真のビルは、初代児島駅の南側にあった小田川沿いの下津井電鉄の本社ビルでしょうか?2016年現在、ビルの痕跡はまったくありませんが、カーブミラーは更新されながらも健在です。minosun
古写真は明治41年の開校時のものですね。時代とともに児島商船学校→児島海員養成所→児島海員学校→海技大学校児島分校(2009年に廃校)となり、101年の歴史に幕を閉じました・・・寂しいですね。minosun
古写真のおじさんが渡っている川は、1960年代後半に塩田から出るガラで入り江とともに埋め立てられて道路になっています。この埋め立てにより、ガラ島は半島になってしまいました。2017年現在、明神燈台(味野燈台)は改修を重ねて残っていますが、ここからはまったく見えませんね。ちなみに燈台から児島の街に向かって川があったのですが、現在は児島警察署に続く道路になっています。minosun
古写真は何かのイベント帰りの皆さんでしょうか?橋の向こうに下津井電鉄線の架線や架線柱が見えますね。2014年現在、橋の欄干はすっかり変わって歩道になってしまいましたが健在です。minosun
古写真は2代目児島駅のホームですね。横の道路は2009年5月にはあったのですが、2017現在、味野ジャンボ歩道橋とともになくなり、遊歩道になっていました・・・。奥には現存する中国銀行 児島支店の建物が見えますね。minosun

古写真の一覧
年代:年~年

年~年の古写真は登録されていません。

トップページへ戻る