カテゴリー別アーカイブ: 未分類

古写真の情報

古写真に関する情報を書き込みましょう!

古写真のページには、古写真についての情報を自由に書き込める掲示板欄があります。
右上のリンクからも掲示板へ移動できます。

古写真について教えて

古写真について教えて

古写真についての知っていることを教えてください。
古写真に対する疑問や懐かしのあの頃について語ってみましょう。
観光地で簡単に場所がわかる古写真もあれば、当時と今で全く風景が変わってしまって、どこで撮影されたのかわからないものもたくさんあります。
ですが、地元の方だとこれはこの場所じゃないかということが、背景の山の形や、地形などからわかることがあるかもしれません。
昔から住んでいる人であればわかるような場所なのかもしれません。
写真に写っているものを手掛かりに、古写真の撮影された場所のヒントなどを書き込んでください。
どんな些細なことでも結構です、ぜひ皆様からの情報をお待ちしております。

天満橋の位置

今と昔の地図を比べられる超便利なサイトがとっても楽しかった

このサイトを見ていただいている方は、古い地図に興味がある人も多いと思いますが、
古い地図はそれだけでも面白いですが、今の地図と比較できるともっと楽しいです。

「今昔マップ on the web」

という大変便利なサイトを見つけたので紹介します。
古い地図と今の地図を同時に比較して見れるというむちゃくちゃ便利なサイト。

1892年からの古地図と、今のGoogleMapの地図を左右の画面で比較できます。
左側の画面でマウスを合わせたところが、ピンポイントで右側にもカーソルが現れるので、
どことどこが対応しているのかがとてもわかりやすい。

今と昔の地図を見比べるサイト

思わず自分の実家や、今の仕事場とか昔の地図を旅してみた。
さすがに、1892年にはどこも田んぼや山の中という結果になったが、
どの年代で開発が進んだのかも地図を年代順にみていくとわかります。

大阪の旭区周辺。
メジャーな道路といえば、東京から続く国道一号線。
でも、古い写真を見るとそこから入っていく細い道が、昔の京街道だったことがわかります。

京街道

古い地図を見ると、国道一号線のような道はなく、とても新しい道だということがわかります。

天満橋駅方面から見た天満橋の姿の今昔写真
で気になってた天満橋の位置。
1892~1910年の明治後期の時期では、

天満橋の位置

同じ場所に架かっていました。
他にも見ていくといろいろな発見があります。

今後の今昔写語の撮影にも役に立ちそうです。

大阪城のお堀

大阪城の今昔写真を撮りに行きました 南側のお堀を東向きに撮影

前回の記事と同じような大阪城のお堀の写真がほかにもあります。

大阪城のお堀

左手に天守閣があり、正面には山が広がっています。
あの山は生駒山です、私とかは毎日見ている風景です。
正面の生駒を越えるとと奈良になります。

以前、生駒山上から大阪市街を眺めたときには、大阪城がかろうじて見えました。
夜だったのでお城らしきものがライトアップされている・・・あそこが大阪城あたりかなぁ・・・程度でしたが、
実際に案内板にも大阪城が見えると書いてあったので、昼間は見えるのでしょう。

生駒山が正面に見えるということは、西側から東側に向かって撮影された南側の堀ということですので、
さっそく撮影に。

よく行く場所なので、位置はすぐにわかりました。

大阪城のお堀の古写真

写真右半分に見えるのが生駒山です。
そして、古い写真には櫓が2つあるのですが、今は1つしかありません。
かつてはこちら側の石垣の上に一番櫓から六番櫓までが建っていました。
今は手前に見える六番櫓、と写真では見えませんが奥の石垣をぐるっと回ったところにある一番櫓しか残っていません。
写真に写っている奥の櫓は三番櫓でしょうか?

ちなみに、これが櫓が建っていたころの写真です

大阪城の櫓

今回の撮影場所はここ。



他の今昔写真が見たい方はこちら

大阪城の写真を撮りに行きました

大阪の観光地の一つ大阪城、今昔事務所から歩いて5分で大阪城です。
昼休みにちょっと歩けば写真が取れるので、お堀の写真を撮りに行きました。

大阪城

同じように見える場所はいくつかあるんですけどね、お城とかはあまり形変わらないのでわかりやすいですね。
写真の左側にある部分に出口があるので、大阪城では3箇所ほどに絞られます。
結局西側の写真だったので、ちょっとうろっとしたらすぐに見つかりました。
大阪城結構広いので、反対側とかだと行くのが面倒でしたが、西側で昼休みの間に行けてよかったです。

写真の左側から出ているのは今の京橋口で手前の櫓は乾やぐらというそうです。

大阪城古写真

写真を撮った場所はここです。



ほぼ同じ角度で撮れました。
今では向こうに京橋駅辺りのビルが立ち並んでいます。

撮ってきたしゃしんはこちらで比較することが出来ます。
今昔比較写真

古い写真を募集しています。あなたの持っている古写真の場所は今どうなっている?

今昔写語では古い写真を募集しています。

男山八幡宮

あなたがお持ちの古い写真や、著作権フリーの画像、再利用可能なライセンスを持った画像を探しています。
全国各地の古写真を使って、その場所の今はどのようになっているのかをみんなで探しましょう。
昔の古い写真に写っているいる場所の今の場所がわかれば、貴重な資料となります。
かつてのあの場所の今を集めていきたいと思っています。

古い写真に写っている場所が、実は近所の公園だったとか、実はここには池があったとか。
古い写真を見るとその地名の由来がわかったりします。
貴重な古い写真を、好奇心を持って楽しく見れる、そんな場所にしたいと思います。
いつの時代のものでもかまいません、同じ場所でも違う時代に撮られたものを集めれば、
全く違う風景に変わった場所でも、撮影地点を割り出すことができます。
みなさんの、たくさんの古写真のご提供をお待ちしております。

古い写真のあの場所は今どうなっているかを探しまくる、今昔写語を始めました

このホームページの名前は「今昔写語」を公開しました。
読み方は「こんじゃくふぉとがたり」、ネーミングはうちのスタッフ君。
何気なく言った「今昔物語」的な・・・というヒントから一つ目の案ですぐさま命名!

昔の写真に写っているあの場所は、今どんな感じなのか気になりませんか?
昔は何も無い原っぱだったところに、今はビルが立ち並んでる!
100年以上前の写真にうつっている建物が、形そのままでこのインターネットの時代でも変わりなくそこにある。
あのお店は本当に100年前からそこにあった!
なんて、今と昔の写真を見比べると時代は繋がっているんだと感動してしまうのは僕だけでしょうか。

いろいろな時代を経て今があり、100年前のこの場所には確かに人がいて、今と同じように生活をしていた。
100年前も今と同じようにお花見をして、神社をお参りし、そんな昔の生活が手に取るようにわかる気がしています。

皆様の投稿で、日本中の古写真とその場所が今どうなっているのかを集めたいと思います。
古写真をマップに配置して、その写真の今はどんな風になっているのか、日本中の昔と今を集めるプロジェクトが開始しました!

ぜひとも、みなさんの参加と投稿をお待ちしております。