今昔写語こんじゃくふぉとがたり

検索
  • 尾道全景(浄土寺山から西方向を望む)

  • 阪和天王寺駅

  • 門前仲町交差点 雪(カラー化)

  • 大穴川暗渠

  • 西馬込駅

  • 仙台 芭蕉辻 七十七銀行

  • 旧朝日放送電波塔(通称:大阪タワー)

  • 箱館御役所(奉行所庁舎)

  • 玉出駅/国道26号線

  • 松山町内

今昔写語について

今と昔の写真を比較して楽しむサービスです。
あなたの近くのあの場所は昔どんな風景で、どんな人たちが暮らしていたのか。
今と昔の写真を比べることで誰でも気軽にタイムスリップを味わえます。
今昔写語について

最新のコメント

京都・琵琶湖疏水・第四回内国勧業博覧会場

鴨東運河を東から見た光景ですね。右側が「第四回内国勧業博覧会場」なので現在の岡崎公園。写っているあたりは、ちょうど京都市動物園がある場所になります。船が浮かんでいる所が南禅寺船溜で、この左側に蹴上インクラインがあるはずです。

西側から見た三条大橋

中央に三条大橋、その右が乗り場と降り場が別ホームだった初代の京阪三条駅で1形電車が停車中。橋の向こう側に見える洋風建築は「商工貯金銀行縄手支店」。銀行の前に京津電気軌道の1型が停車しているようなので、ここが三条大橋停留所なのでしょう。おそらく現在の「賀茂川館」屋上から見た光景だと思います。

多摩の団地

ひょっとしたら、連光寺の多摩大学近くの東部団地ではないでしょうか?

以下は、聖ヶ丘の昔と地名の由来より
今でも、このような急な坂の両側に古い家並みがビターっと存在しております。
天井返 2114~2161番地 
 大谷戸の奥(南東)の山間で、この谷間から大谷戸川は始まる。延享3年(1746年)の検地帳に「天井返し」の名がある。この天井返は、本来は「天井返り」といって連光寺本村の方から行くと、一番奥(天井)にあたり、そこからまた引き返すということから天井返りといっていたそうである。現在の通称東部団地(昭和37年頃分譲)といわれる区域のほとんどが含まれ、聖ヶ丘三丁目~五丁目、連光寺五丁目となっている。

鴨東運河

南禅寺船溜を東から見ているようですね。

歌舞伎町

さすが新宿!真ん中にタモリさんがいますね(笑)

福山駅前

福山駅から南方向を見ている様です。

福山駅前

この場所がよくわかりません

三条駅/京阪電鉄京阪線・京津線

地上時代の京阪三条駅2番線に停車中の特急の車内から四条駅方向を見た光景ですね。左に分かれていく線路が1番線で宇治行の普通が主に使っていましたが、元は京阪本線と京津線を繋ぐ線路で、有名な「びわこ号」が使っていた線路です。

京都・琵琶湖疏水・第四回内国勧業博覧会場

鴨東運河を東から見た光景ですね。右側が「第四回内国勧業博覧会場」なので現在の岡崎公園。写っているあたりは、ちょうど京都市動物園がある場所になります。船が浮かんでいる所が南禅寺船溜で、この左側に蹴上インクラインがあるはずです。

西側から見た三条大橋

中央に三条大橋、その右が乗り場と降り場が別ホームだった初代の京阪三条駅で1形電車が停車中。橋の向こう側に見える洋風建築は「商工貯金銀行縄手支店」。銀行の前に京津電気軌道の1型が停車しているようなので、ここが三条大橋停留所なのでしょう。おそらく現在の「賀茂川館」屋上から見た光景だと思います。

多摩の団地

ひょっとしたら、連光寺の多摩大学近くの東部団地ではないでしょうか?

以下は、聖ヶ丘の昔と地名の由来より
今でも、このような急な坂の両側に古い家並みがビターっと存在しております。
天井返 2114~2161番地 
 大谷戸の奥(南東)の山間で、この谷間から大谷戸川は始まる。延享3年(1746年)の検地帳に「天井返し」の名がある。この天井返は、本来は「天井返り」といって連光寺本村の方から行くと、一番奥(天井)にあたり、そこからまた引き返すということから天井返りといっていたそうである。現在の通称東部団地(昭和37年頃分譲)といわれる区域のほとんどが含まれ、聖ヶ丘三丁目~五丁目、連光寺五丁目となっている。

鴨東運河

南禅寺船溜を東から見ているようですね。

歌舞伎町

さすが新宿!真ん中にタモリさんがいますね(笑)

福山駅前

福山駅から南方向を見ている様です。

福山駅前

この場所がよくわかりません

三条駅/京阪電鉄京阪線・京津線

地上時代の京阪三条駅2番線に停車中の特急の車内から四条駅方向を見た光景ですね。左に分かれていく線路が1番線で宇治行の普通が主に使っていましたが、元は京阪本線と京津線を繋ぐ線路で、有名な「びわこ号」が使っていた線路です。

都道府県から探す